新卒採用

【新卒採用 面接 受け答え】

私は、新卒採用で面接を30社ほど受けましたので、よく聞かれる質問と準備しておくと良いことを紹介します。

 

よく聞かれる質問と対策

★すべてに共通の話し方のポイント

初めに結論を話してから→具体例→結論の順に話すこと。

 

★すべての質問に1分30秒程度で応える

長すぎると、面接官の質問が出来なくなること、集団面接では他の学生が話せる時間がなくなるので、端的に話すことが重要です。

 

・自己紹介

名前(聞かれた場合は大学名)を名乗ってから、大学の学業、アルバイトでどのような所に力を入れてきたか、どのような成果を出せたか話せると良いです。そして、今後就職してから力を活かせることを述べます。最後によろしくお願い致します。で終わると良いです。

 

・自己PR

自分の長所を話します。

学業、アルバイト、サークルで発揮できた長所を2-3つ話せるようにしておくと良いです。

多くの人は1-2つくらいしか話さないので、3つくらい話せると有利です。

 

・長所と短所

長所は自己PRと重ならない、長所を話せるようにしておくと良いです。

短所は、短気や優柔不断など仕事に支障が出るようなことを言わずに、物事を考えすぎる、せっかちな所があるなどにしておいた方が良いです。そして、短所の改善に向けて努力していることを話せるようにしておくこと。

 

・志望動機

応募した理由を、企業理念、沿革などから魅力的な所を話して、その企業に就いてどのような貢献が出来るか具体的に話せるようにしておくと良いです。

 

・なぜこの職種に応募しましたか?

職種における適性を具体的に話します。

営業・・・明るく人と接することが好き、いろんな人と関わりながら取り組み成果を出してきた経験があるなど

事務・・・几帳面に物事を処理することが得意。同じことでも根気強く打ち込めるなど

製造職・・・体力に自信がある。器用に組み立てを行った経験がある。同じ業務でも根気強く取り組めるなど

 

・他社の選考状況はどうですか?

内定がある場合は素直に話すと良いです。

選考中の場合も、話しておき選考に何十社落ちたなどは素直に言わないこと。言ったとしても10社ですとしておくこと。

しっかりと考えて応募しており、御社が企業が第一志望である理由を話せると良いです。

 

・最後に質問はありますか?

多くの方々に聞いた所、必ず言うべきと言う人と、どちらでも良いと言う人がいました。

★良い印象の質問例

入社するまでに勉強しておくと良いことはありますか?

入社して最初に任せて頂く仕事はありますか?

などがあります。

最後の質問で、調べれば分かるような質問をしてしまうと、それだけで不採用となってしまう事例もあるので、事前によく調べてた上で、疑問点がある場合はした方が良いです。質問がない場合は素直にないですで問題はございません。

 

上記のことは、とてもよく聞かれた質問でありましたので、是非、準備をしっかりと行った上で面接に望まれることをおすすめします。皆様方の内定を願っています。

 

-新卒採用
-, ,